−神様プレイの愛すべき日々−
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
【東京散歩】合羽橋〜浅草編 その1

言うてる間に2月も終わりますねぇ〜と。
3月に異動かも?な、ガリクソンことタケ氏(ガリクソンより改名)
2月が終わりに近づく=3月が近づくってな訳でドキドキしてます。

異動ってことは東京バイバイの確率が高いって事で、
タケ氏の遅め冬休みを利用しまして、引きこもり夫婦は東京巡りをする事に。
てな訳で、ほぼ私の意見100%で敢行した合羽橋〜浅草巡りをご紹介。

合羽橋は鍋売り子時代に行った以来だから、うん年ぶりのお伺い。
若かりし日の思ひ出の紐、はらひれはらほれ〜
あれは寒い冬の日。名古屋から夜行バスに飛び乗って6時に東京到着。
東京駅は今のように発展しておらず、9割9分のお店がクローズ。
なんとか駅構内で喫茶店を見付け、時間を潰して、地下鉄使って合羽橋へ。
しかしこれまた早く行きすぎて合羽橋も全然開いておらず...
また喫茶店放浪の旅という何しにきたのか分からないスタートを切ったっけ。

私にとっては意外と思い出深い町。こっち来てから一回も行って無いけど。
もちろんタケ氏は初。まぁ興味ある人じゃなきゃ行かない町かもしれませんね。

合羽橋は最寄り駅が沢山ある立地。
自宅からの乗り換えが楽という理由で、
今回は大江戸線蔵前駅を利用しました。
蔵前だとちょっと歩くので注意。

合羽橋に向かって歩いていくと、
なんと噂のペリカンですよ、奥様!!

そうかココに在ったのか...
次回は予約して利用しよう。


はい、ニイミのオッサンシェフが今回も素敵にお出迎えー
店舗入り口にも別のタイプのシェフオッサンが居ますよ。
合羽橋で待ち合わせするなら、オッサンシェフ前とかになるのかなー?



今回のお目当てはシフォン型17cm、ホイッパー、プリン型。
タケ氏の“口には出さぬが興味ないよプレッシャー”が強すぎたので、
かけたい時間の半分ほどで各お店をザラッとチェック。
浅井商店さんでシフォン型、馬嶋屋さんでホイッパーゲットん。
プリン型は今回見送りました。
どうでも良いですが、馬嶋屋さんの実店舗とネットショップのギャップが素敵。



シフォン型はつなぎ目なしのお手入れ楽チン1,300円ちょっと。安い!
たまたまセールしていたらしくて、お徳だったようです。
20cmは持っているのですが、レシピが卵を5個以上使うので、
作る度に実家では「卵が無い!!」と母親からヒステリックな雷喰らったり、
そもそも仕上がりがデカイので、正直気軽に作れなかったり...
兎に角、ずっと17cm欲しかったんです。うん年越しの思い果たせたり!
ホイッパーは840円。こんなシッカリしたのが840円...涙物。

話を合羽橋散歩に戻しましょう。



妙にリアルでドキドキする黄金の河童像にご挨拶して、
休憩がてら向かったのは合羽橋珈琲
以前開いている喫茶店を夢遊病のように探した時にお世話になったのも、
この珈琲屋さんでした。とっても素敵なお店です。
売り子時代に来た時は別店舗で構えていた雑貨屋さんが2階に移動してました。



コーヒーとサンドイッチを頂きました。
軽食、飯物が増えていて嬉しい限り。サンドイッチが激ウマでした。
ジェノベーゼを挟む技、ワタクシ頂きました。

平日の16時を回った頃の訪問でしたが、中はお客さんでイッパイ!
女子大生と思われるキャピキャピ集団が眩しかったです。若さハジける。
そんな彼女達が立ち去り、タケ氏からの衝撃的な一言。
「女子大生の集団って一見華やかだけど、個々に見るとそないやな」
辛らつなお言葉ありがとうございました。


合羽橋は魅力的なお店が沢山あって見所満載ですが、
入谷方面にある台東区立中央図書館もオススメだったりします。行きたかった。
池波章太郎文庫なんぞもあったりして、お人によっては鼻血もんですよね。
うちの近所の図書館もこれ位キレイだったらなぁ〜

飯島奈美さんがオススメしていたピロシキが食べられなかったりと、
ちょっと不完全燃焼だった合羽橋散歩でしたが、
ほぼ目的は果たせたので、次回へのお楽しみが増えたと考える事にします。
次は一人で行こう。付き合わせちゃったタケ氏にも悪かったわ。

さて、体力回復させて向かうは浅草。もうしばしお付き合いを...

探索(東京) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kamisama-play.jugem.jp/trackback/152
<< NEW | TOP | OLD>>