−神様プレイの愛すべき日々−
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
【東京ごはん】 un.terrible(東銀座) 再訪
結婚記念日ディナーに再訪、un.terrible
待ってました、待ってましたよ!!この日をどんなに夢見た事か。
新規開拓もしたい、出不精だなんだで引き伸ばす事約11ヶ月!(前回)
まさか旦那様とお伺いできるとは...2年目の奇跡に乾杯!!



まずはシャンパンで乾杯。(私のみ、旦那様は飲めないからペリエ)
ボランジェ・スペシャル・キュヴェってシャンパン。
「007」のジェームズ・ボンドが愛飲する事で有名なんだそう。
肩書き関係なく美味しかったです。
個人的にあんまり美味しくないシャンパンやスパークリングワインって、
舌がビリビリするのですが(何故?)これは一切無くて、まろやかな気が。
うーん、悲しい位に味を語れない。苦笑



私セレクト鴨とフォアグラのテリーヌ。
無花果のコンポートと合わせるとまぁ美味ですこと!



前回も頼んだ栗と白レバーの焼餃子。
ここで「肝臓続くなぁ...」と言われてハッとする。
ずっと食べられなかったレバーの美味さに魅せられてから数年。
こんなに好んで頼むようになるとは...奇跡です。

バルサミコ酢を煮詰めたと思われるとろりとしたソースに絡めてパクリ。
んもう、絶品だと思う!レバーの癖とバルサミコの甘酸っぱさ絶妙。
ただ旦那様はちょっと癖が強いと感じた&酢が苦手だったので、
残念ながら私ほど感動はしてくれずちょっと悔しかったり。
これは好みですもんね、しゃーないか。



これは旦那様セレクト。この日一番美味しかったメニュー。
帆立貝のガレット ゴルゴンゾーラソース。
私、実を言うとあまり癖の強いチーズが得意じゃないので、
ゴルゴンゾーラとか避けまくって生きてきたのです。
今まで悪かった...と謝りたくなる美味さでした。旦那様も絶賛。
しっとりしたガレット、甘いホタテと生ハムをチーズソースが包み込みー
ルッコラのアクセントが美味ー美味ーもう一度食べたい。



ワインが進みすぎて、けっこうお腹いっぱい。
そんな最後に出てきたのが、メインの牛ホホ肉の赤ワイン煮。
これが美味くないはずがない。ナイフ要らない柔らかさ〜
周りに添えられた野菜も美味しいーんです。
右に見える黄色いものはなんとビーツなんですって!
黄色いビーツなんて初めて!野性味溢れる甘さを感じましたよ。



赤ワインが少し残っていたので、チーズを切ってもらいました。
旦那様も摘むかと思いきや、食べないとの事で半分位残しちゃいまして...
申し訳なかったです...反省。



チーズ残してまで腹に収めたかったデザート。
飯久保さんのパフェNo.10(秋のリンゴのコンポートとエピス風味のパフェ)
パフェって多いと分かっていても頼みたくなるんですよねー

お腹がパツンパツンになってお食事終了。
この日は木曜日だった事もあり、席に余裕がありました。
19:00以降から混み始めるのは以前と一緒。
でも安心の為に一本予約を入れておくのがベターだと思います。

あっ、この日はワインを白×2杯、赤×1杯を飲んだのですが、
全て美味しかったというこれまた奇跡が起きたので、自分メモ!

・トワペ エ オーモン シャルドネ
・アルザス マルセル・ダイス
・テラス ド ギレム ヴィエイユ ヴィーニュ

特に文句無しだったのはアルザス。むちゃむちゃ好みでした。
絶対にまた飲む。うおぉぉー!!!

やっぱり雰囲気、価格、料理トータルで一番好きなビストロだなぁと再確認。
このun.terribleを検索して我がブログにお越しいただく方も多いようですが、
行くのを迷ってみえるなら絶対に絶対にオススメです!!!!

もっと色んなメニューを食べたいし、来年はお節もお願いしてみたい!
3月2週目の魔の異動シーズンをもしも乗り越える事が出来たならば...
今度こそ短いスパンで訪れる事を誓います!涙

東京離れたくないなぁ〜
食(外御飯) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kamisama-play.jugem.jp/trackback/151
<< NEW | TOP | OLD>>