−神様プレイの愛すべき日々−
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
【お家ごはん】 常備菜に助けられた一週間
 

フルタイムで働き始めて2週間。
不思議なもんです。面倒くさがりのサボり魔な私ですが、
仕事を言い訳にしたくないワ!なんて思いが芽生えてしまいまして。
タケ氏へのお弁当作りをはじめ、家事との両立なんとか保っています。
まぁ至らぬところだらけの文句たれまくりなのですが。(ダメじゃん...)

そんな私をかなり助けてくれているのが上の常備菜さん達。
前回は若干作りすぎたので今回は少し抑えて作ってみました。
色合いが悪いのは冷蔵庫のありもので無理やりこさえた為です。嗚呼。

上から右へ

・蒸し赤ピーマン(味無し)
・茄子とピーマンの味噌炒め
・オランダこんにゃく
・切り干し大根の煮物
・新じゃがとたまねぎの煮物

赤ピーマンは粉チーズと和えたり、醤油+砂糖+鰹節で和えたり大活躍。
味噌炒めもそのままオカズに使うだけでなく、
お肉と韓国唐辛子をプラスしてボリューム出したりしてアレンジ。
いかに楽してバリエーションつけるかに注力。
もっと展開出来る常備菜を考えたいぜ。

時間が無いと逆に頑張ろうと思う性質のようで、
ここ数年なかった日々の輝きが生まれつつあって楽しいです。
私の唯一誇れる“良い人との巡り合わせ”も絶好調で幸せいっぱいですわー
労働って素晴らしいですね。出会いって素敵ですね。

ただ息切れて、放心状態にならぬようにはしたいところ。
あと日々に追われて目的を見失わないようにもしなければ...
ガス抜きは忘れず、ボチボチやってきたいと思っております。はい。
食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【お家ごはん】 常備菜生活ガッツリ始めました


私事で恐縮ですが、フルタイムで働き始めました。
パソコンカチカチしながらお茶出ししたりしてOL気取っちゃってます。
太って手持ちのオフィスカジュアルの7割に袖を通す事が出来ず悩んでます。
椅子に座るとスカートの上にお肉ちゃまが乗って苦しいの。うぅ...

さて...そんな訳で今まで以上に手薄になる家事。
少しでもマシな状態に保つべく、常備菜を休みの日に作る作戦に打って出る事に。
現在、週明け2日目ですがバビる程助かっております。

今までも思い出しては〜レベルで常備菜なるものを作ったりしていましたが、
うーん、こんなにも働く調理担当の助けになってくれるとは...
初めて常備菜の本当の意味を知れた、そんな気がする春の夜。

上から右へ...
小松菜とお揚げさんの含め煮
あっさり筑前煮
ひじきの炊いたん
切り干し大根と糸こんにゃくの明太和え
なんちゃってチリコンカン
新じゃがの甘味噌煮

写真にはありませんが、水菜と昆布の即席漬けとキノコと牛肉の時雨煮も作成。

朝のお弁当作りも夜のもう一品も楽チン楽チン♪
心なし時間を持て余していた頃より食卓の彩りが良くなったような。苦笑

来週もガッツリ作る予定。
もっと発展した内容にしていく事が目標です。
うぇ〜い、ハマりそうな予感だぜ!
食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【お家ごはん】 バレンタイン飯

バレンタインデー終わりましたねー
私、前日13日まで本気で忘れていていまして...
引きこもりってのはダメですね〜行事ごとに気が付けない。

14日の15時までは、もう無かった事にしよう。と、
通常ごはんを決め込むつもりだったのですが、急遽変更。
家にあるもので出来る最善を尽くす事にしてみました。
所謂ところの気が変わった、乗ってきた。ってやつですね。

チョコレートだけなかったので、コンビニに買出し。
板チョコ(もう製菓用とか、カカオのパーセンテージとかどうでも良い)を
買ってまずはケーキを作ることに致しました。
奇跡的に生クリーム(豆乳ver)が冷蔵庫にあって良かった!
1時間半位でチャチャっとケーキ完成。簡単ー



デコレーションは面倒くさい&苦手なので、
チョコクリーム塗って、ココアぶっ掛けました。
なんでしょう...つめの甘さが滲み出ている写真ですね。



夕食はビーフシチューとクラムチャウダーという濃い内容。
よく赤文字雑誌なんかで、カレが喜ぶLOVEごはん♪なんつって、
例に挙がる気がする両者をあえて作ってみました。バレンタインだし。
あの手はどうも見ていて気恥ずかしくなるのですが、14日は特別。笑

人参とかハート型でくり貫いたらパーフェクトだったと思いますが、
うちにある抜き型は松竹梅等、和食に使うものオンリー。
通常、一般家庭にあると思われる可愛いクッキー型が無いので諦めました。
包丁で切ってまではやる気出ませんでしたわー

因みに圧力鍋使用なので、30分位でトロトロビーフシチューは完成です。
忙しい人、ズボラな人(私はこっち)には圧力鍋は ネ申 ですね。


旦那さんはバレンタインだから何かしら用意してあると思って
帰ってきたので、ギリギリながら用意して本当に良かったです。
甘党の男子(既婚)ってのは考えもんですね。
もう恋愛のうんぬんは乗り越えちゃっているので、イベント感に重きは無く
何より食べる事を楽しみにしているから本当にもう面倒くさい...

因みに会社の女子様から貰ってきたバレンタイン菓子。
私もちゃっかりお裾分け頂きましてよ!



とても有名なおかき屋さんのものだそうです。
チョコレートがコーティングしてあって美味しかったー!
甘いもの苦手でもおかきなら召し上がれる方も多いでしょうし、
良いバレンタイン菓子だなぁとプレゼントセンスを感じました。

そういえば10年以上前、甘いものをあまり食べない父へのバレンタインに、
市販のお煎餅にハート型に切った海苔をつけて渡すという、
デコチョコならぬデコ煎をやった事があります。
その時にお煎餅屋さんがハートのものを出してくれたらなぁ〜
と、思ったのですが、ここ数年和菓子店もバレンタインに力入れてますよね。
ありがたいこってす。

なんだか我が家の今年のバレンタインはドタバタしてしまいました。
来年はきちんと計画立てて決行したいものです。するにしてもしないにしても。

食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【お家ごはん】 たこ焼きパーティー2012

東京に住み始めてもうすぐ2年経ちます。
ようやくガリクソン側のお友達が我が家にいらっしゃいました!
しかも彼女さん連れで遊びに来てくれるとの事。

ガリクソンとお友達は大阪で出会った仲。
てな訳で?大阪名物たこ焼きパーティーをするとの事。
私、たこ焼きが好物の1つだったりします。こりゃ願ったり叶ったり!

ただ私やった事ないし、そもそもたこ焼き機無いぞ?と思っていたら、
決まった時点でガリクソンがアマゾってました。
価格コムにてamazonが最安値だったらしいです。便利な世の中。
そしてこういう時は動きが早いな、ガリクソン。

さて、ガリクソンのお友達はなんと正真正銘のイケメン。
そして彼女もモデルさんみたいなイケジョ!その上20代前半とー!!
なんだか眩しいお客様でしたわ。キラッキラしてた。

うちの細目ン(ホソメン)も個人的には最高のメンズなんですけどねー
美しいメンズ&レディは良い目の保養となりました。
萌え萌えしちゃったわ。ハフン。

さて、そんな素敵な1日を過ごした次の日。
夫婦でたこ焼きパーティー第二段。



昨日のパーティーの反省をいかしながら開始。

因みにたこ焼き機はイワタニのガスタイプでございます。
ガリクソンが電気は嫌だ!とガスを勝手に選んでくれました。
そんな違う?と思っていましたが、電気タイプを使うイケメンさんが、
電気より焼きが早い!仕上がりが良い!ガスの方が美味しい!と大絶賛。
ガリクソンの拘り大正解でした。



右側には前日人気だったキムチ&チーズも。
私はノーマルなのが一番好きです。保守的だろうと一等美味です。



意外とキレイに丸くなってくれました。
これが楽しいこと!!!



完成ー!マヨネーズを忘れてますね。
この後ぶっ掛けて食べました。
写真はソースですが、飽きてきたら出汁や出汁醤油で。

いやはや、プロの作る物と比べるとまだまだ改善点だらけとは言え、
家でこれだけの物が食べられるのなら御の字!
もっと早くにチャレンジすれば良かったですわー
大好きなものをパンパンになるまで食べまくり大満足!
当分たこ焼きブームが続きそうです♪

食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【挨拶&お家ごはん】あけましておめでとうございます
 

遅くなりましたが...あけましておめでとうございます。
ガリクソンの短い正月休みも明け、すっかり日常に戻った今日この頃です。

31日〜1日はのんびり食っちゃ寝、食っちゃ寝。
twitterでテンション高めに実況中継していたお節作り。
敬愛する有元葉子先生のお節本を参考にしつつ、数品拵えてみました。
また作る時に参考にしたいので一言添えさせて下さい。

・黒豆(鉄たまご最高!最初から味を漬け込むレシピ。圧力鍋不使用)
・車えびの煮物(活車えびを出汁でサッと煮込む。活車えびは三宅水産にて)
・卵焼き(コレは築地の丸武さんの。お寿司屋さんの甘い卵焼き)
・数の子(出汁を効かせたレシピ。数の子ケチったのがちょっと失敗)
・昆布巻き(身欠きニシン使用。骨を取り除く下拵えを次回は忘れずに)
・紅白なます(有元さん式に細く細く切って。きび砂糖だと少し茶色くなる)
・お雑煮(力尽きて、具が殆ど無い。ガリクソンは味噌仕立てが好み)
・牛スネ肉の醤油煮(後日ほぐしてチャーハンの具にすると絶品)
・栗きんとん(私の思い付きレシピ。砂糖不使用。安納芋使用でちょうど良い甘さ)

残念ながら事前にディスクローズがあったガリクソンのお節嫌いはひっくり返せず。
※ガリクソンの反応に私の顔が曇り始める。
 →俺は最初にお節は好かんと言ったで!と焦られる

来年は作らないでおこうかなぁ〜と新年早々凹みましたが、
おすそ分けで実家に送った分が父&母から嬉しい好評っぷり!!
やっぱり来年も趣味程度に...うん、その時の気分で決めよう。

2日は丸の内へセール行脚。
人を掻き分けて服を見るのが苦手なので行きたくなかったのですが、
何故か一生懸命誘ってくれるガリクソンにほだされてお付き合い。
年始のセールは年末までの下調べがカギなのかなぁ〜と学べた事が収穫。

3日からはほぼ通常営業的な感じでした。
夫婦2人で互いの実家に帰らなければこんな感じかなーと。

さて、人ってのは新年を迎えることで去年をリセット。
新たに目標掲げて頑張る!ってな感じで1月をキラキラした思いで
過ごすわけですが...ご多分もれず私も目標立ててみました。

・料理の腕を上げる。
 (お手本レシピは有元葉子先生、ジョン・キョンファ先生を中心に)
・筋肉(インナーマッスル)を付け、心身ともに健康になる。
・渋い定食屋行脚を実行に移す
・もっと東京ゴハン&東京探索を充実させる
・友近さんのネタのいずれかを完コピする

絶対に実現させるぞ!

そんなキラキラ気分をまだ継続中の甘辛生活ですが、
どうぞ本年も宜しくお願い致します!
食(家御飯) comments(2) trackbacks(0)
【お家ゴハン?】 免疫上げたくての生姜頼り
いよいよあと数日で新年です。
お節の準備をボチボチしてみたり、
お正月はカニを食べるんだと意気込むガリクソンを諌めたり。
どうしたらカニを諦めてくれますかね〜カニ予算なんて組んでないよ。

さて、我が家の食費事情はさて置き。
免疫アゲアゲの際に必ずセットで出てくる生姜の恩恵を預かりたく、
生姜シロップ(黒砂糖)を作ってみました。
作る...と言うには簡単すぎるか。うん、放置レシピ。


【用意するもの】
・美味しそうな生姜。
・黒糖(粉末タイプをオススメ)




1.生姜をキレイに洗って、皮が付いたまま薄く切る。
(気になるなら皮は剥いても良いかと)


  

2.瓶に生姜、黒糖、生姜、黒糖...ってな感じで入れる。

3.半日くらい放置。



  

完成するとこんな感じになります。
主に紅茶を飲む時に使いますが、料理にも使えます。
胃腸が元気な人は生姜チップにして食べても良いかも。
私には刺激が強いのでシロップのみ利用です。

生姜エキスがしっかり出ていて馬鹿に出来ませんよ!
ジンジャーミルクティーにするのが美味なのよ〜
食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【家御飯】 餃子定食

皮作りを覚えてから餃子を作る頻度が増えました。
ガリクソンは喜ぶし、いつも家にあるものでササッと作れる餃子。
お洒落な感じとは対極で庶民的なメニューですが、我が家っぽいです。
昨日もマイトウ中華食堂を開いたのでご紹介。



餃子の具はキャベツ、ニラ、豚挽き肉メインです。
今回はニラを入れすぎて私好みじゃなくなった悲しい食後談あり。
皮は強力粉と薄力粉と水。強力粉を入れると伸びが良くなるので扱いやすいです。



自家製皮は包みやすい!水要らず。
今まで左寄せ派でしたが、真ん中寄せ派に鞍替え致しました。
具をたっぷり入れて包もうとすると自然に真ん中寄せになる不思議。



焼きます。最初は底に焼き色を付けるべく強火。
焼き色付いたら餃子の半分の高さまでお湯入れて、蓋して中火5分。



ぷっくりと膨らんだらオッケー。再び強火にして水気を飛ばします。
ごま油をたらりと垂らしてカリッと仕上げれば完成。



フライパンがもう破棄しなきゃいけないレベルなので焼き色イマイチ...
まぁご愛嬌って事にして、ワカメスープと大根の即席甘酢漬けをつけたら、
華が無いけどそれなりに美味いマイトウ定食完成!
うーん新婚メニューっぽくない!なんか質実剛健って感じがするなぁ。



ガリクソンは餃子だけだと暴動を起こすので、麻婆豆腐付き。
私は因みに麻婆豆腐があまり好きでは無いので作る事はあっても食べません。

イタリアンとか田舎系フレンチ(?)なんか作って、
ビストロマイトウ開店させたいのが本音だったりしますが...
少し前にそんなメニューをメインに作っていたら、ガリクソンの食が進まなくて。
そうなると私はイライラ、あっちはしょぼくれ。良い事無しでした。涙

相手がニコニコ美味しいって言ってくれるメニューを選ぶとなると、
中華か韓国、ときどき和食。になるのが我が家の現状です。
ビストロではなく、マイトウ食堂(ランチは破格系)開店となります。

私が作りたいものを作れないという現状は、
ちょいとフラストレーションが溜まるところではありますが、
やっぱり喜んで食べてもらう事が第一優先事項かと。
お陰様で今では「今日の御飯なに?」と帰るなり早々に聞いてくれます。

相手の食フィールドで戦いつつ、少しずつ自分側にひっぱる長期戦で頑張ります。
だって先はまだまだ長ぅございますから〜♪

食(家御飯) comments(2) trackbacks(0)
【保存食】 茗荷の甘酢漬け   



薄ピンクに色付いた甘酢を泳ぐは茗荷なり。

小ぶりながらも、いつもよりもお値打ちに茗荷が売っていたので思わず購入。
実は薬味としての使うストレートな茗荷の味は少々苦手。
でも甘酢漬けは大好き♪これで数日の間は箸休めに困らんぞ。

ビビル程簡単verで今回は作りました。
きちんと拘る方には、怒られちゃいそうな作り方ですが気軽に作れますよ。

【材料】
茗荷:適量
寿司酢:適量
塩:少々

1.水を沸かし、塩を入れ、茗荷を硬めに茹でる。(40秒〜1分)
2.茗荷を冷ます。(色悪いですが、漬けたら変身しちゃうから!)
3.冷めたら保存容器に寿司酢と一緒にイン。
4.数時間置いたら完成。


これは一晩置きました。

自分好みの甘酢を作って、拵える茗荷の甘酢漬けは美味い事この上ありません。
でも今回は手間をかけるより、楽をしたかったんだ。
私しか食べないし、中途半端に残ってる寿司酢使ったれー!とやってみたら、
さほど問題ない感じで仕上がってしまいました。掛けた時間以上の出来。

何も手を加えずに、ドボドボ掛けてしまったので
刺すような酸っぱさが若干気になりますが、私は許容範囲ですね。
何度も申し上げますが、掛けた時間以上の出来ではあると思います。

賛否両論色々あるかと思いますが。
至らぬ主婦の簡易版レシピと何卒温かい目で見て頂ければ幸いです...

秋茗荷の時期は9〜10月。
次仕入れた時はキチンと出汁ひいて作りたいと思います。
茗荷、もっと安くて沢山手に入ったらなぁ〜

食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【晩御飯】今日のメニューは韓国攻めムニダ

  

今日はガリクソンが好みそうな韓国晩御飯を拵えてみました。
チャプチェ、鶏とゆで卵のコチュ味噌煮込み、トック、
そしてオコゲを通り越して、底がコゲた白飯...時間配分ミスった。
焦げてないところをよそいましたが、えげつない程香ばしかった♪



チャプチェはめちゃめちゃ褒められた!
本場の味と変わらないと言われて天にも上る気持ち!
やっぱり春雨が韓国春雨だと違いますねー(似せるならマロニーが良いみたい)
また新大久保でしこたま仕入れてこなければ。
野菜もたくさん取れるし有難い一品。



これはケンタロウさんの韓国料理本を参考にして作ってみました。
コチュジャン&赤味噌がポインツ。ご飯がススム君ですね〜
汁を絡ませたかったので片栗粉でトロミ付け。次回は煮詰める方向でいこう。
卵は半熟で仕上げたかったのですが、思ったより火が入って固ゆで。
これはこれで美味しかったものの、とろぉ〜ってさせたかった。

ニコニコ笑顔でご馳走様。

**************************************************

折角、ブログをやっているのだから毎日更新してみようとゆるーく決意。
明日には途切れていたりして...そうです、3日坊主にもなれないのが私。

食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【祝】 ガリクソン生誕〇周年

 

昨日9月11日は愛する主人ガリクソン様のお誕生日でした。

同時多発テロから10年目だったり、震災から半年だったりで、
世間的に祝う空気は皆無の一日ではあったのですが、
実は結婚式を挙げて1年目という我が家にとって節目の一日でもあり、
こっそりお祝いさせて頂きました。なんか色々重なる日だわ。

外食しようかなぁと思っていたのですが、結局お家パーティーにしました。
ガリクソン大好きなもつ鍋をたっぷり作りましてよ!!



うーん、予定していた外食金額の10分の1で出来てしまった。
最近、貯金に目覚めたのでチャリンチャリンしておきますわー!オホホホ!!
初めてもつ鍋を作ったのですが、もうお店行かなくても良くない?
と、勘違いしかける成功っぷりで大いに喜んでもらえました。嬉しい♪



最近、体調が良くないので私はお寿司つまみながらのもつ鍋参戦。
冬になったら週1ペースでもつ鍋食べに行っていた日々が懐かしい...

どうぞ、無病息災で良い1年を過ごしてもらえますように。
来年も一緒に楽しく誕生日を迎えられるよう、仲良く過ごしていこうね☆等、
思いを馳せつつ恋する乙女&マリア様気分でガリクソンを見つめたら、
『えっ?どこ見てるの??怖い怖い!』と言われて興ざめ!!!

妻の心、夫知らず。

食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>