−神様プレイの愛すべき日々−
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
頭の中に残った本 2010 其の三
 
...もう少しあったのですが、随分この作業は疲れると判明したので。
一番心に残ったもの、いっちゃいます。

【今年一番沁みた部門】生き方−人として一番大切なこと− 稲盛和夫

京セラ、KDDI(au)を創った方であり、現在はJALでCEOされております、稲盛さんの本。
これもまた随分前からガリクソン本棚に鎮座しておりましたが、
題名が題名なので、なんとなく手付かずのまま日が過ぎておりました。

それが今年も後半。
私、この本に呼ばれたんです。無性に読みたくなりまして...
読みました。


ど沁み。

この本は所謂ビジネス書籍ではなく、題名通り生き方について書かれています。
幼い頃から教えられてきた道徳を自分の根本に置く。
そしてまっとうに考え、行動する事でおのずと道は開けるものだと。
実際、稲盛さんの体験談も交えて説かれている内容です。

まっとうな生き方をしたい。でもそれは所詮キレイ事にすぎないのか...?

と、直近悩んでいた私にどストライクでした。
一度でも真剣に働いた事がある方なら良く分かると思いますが、
ビジネスの世界では「それって、良いの!?」という事がまかり通っていますし、
それが正しいとなっている事が少なくありません。
ちっぽけな自分ではどうにもならないような事だと、諦め、甘んじる事が日常です。

でも、だからといってまっとうな生き方が出来ないと直結させるのは大間違いな訳で。
一代で日本のトップ企業作り上げられた方の、まっとうに生きて働く姿を知り、
出来ないと思ったら出来ないんだと気付かされた次第です。

この本の中では難しい事は何1つ言っていません。
しかし完璧に実践するとなると、長い年月...
いや一生かかっても難しいかもしれません。

仙女にも通じますが、死ぬ時にはまっさらな状態になっている為に、
今、自分は人として正しいのか、常々考えていきたいと思います。
素晴らしい本にめぐり合えた!!!

...ただし、万人ウケするかといったら話がちがってくるかもしれません。
ちょっと仏道やら魂やら宇宙やら出てきますので、
人によっては生理的にダメという人がいらっしゃるかも。
ああすればこうなるって方法は書かれていないので、
もっと即効性があるものは?とガッカリされる方もいらっしゃるかも。
キレイ事ぬかしてるんじゃねぇ!!とイライラされる方もいらっしゃるかも。

不思議なモンで、ベストセラーじゃなくてロングセラーの本は
小手先の技術について書かれた本でなく、
内面を充実させるための指南を書かれたものが多い気がします。
(7つの習慣、人を動かすしかり)
且つ、そういったものっておのずと宗教にも繋がっていくのかなと。
(お金ありきの新興宗教とかではありませんよ!)
今回思った次第です。だから私はスッと受け入れられました。無宗教だけど。

ちょっと前だと私も上に挙げたような気持ちになったろうな...
弟子の準備が出来たら師匠がやってくるって本当に言い得て妙だわ。

沁みすぎた為、随分ツラツラと書いてしまいました...
万人に受けないと専ら私の周りの評価ですが、
ハマる人にはガツンとハマる一冊だと思います。是非...♪


...そんなこんなで。

本を通して、1人で1年を振り返ってみました。
もっとこんな本があったと紹介したい思いもありますが、グッとこらえて。
来年はもっと色々沢山の本に触れたいと思います。

どうぞオススメの本がございましたら、お知らせくださいますと幸せです♪


ではでは、皆様良いお年を!!!!
書籍 comments(0) trackbacks(0)
頭の中に残った本 2010 其ノ二

まだ続いております。

【サブカルチャー部門】

 おとな養成所 槇村さとる

槇村さんの漫画は好きなものが多いですが、エッセイはもっと好き。
彼女の女性の自立についての考え方が、私にはしっくりくるのです。
美容関係やファッションへの考え方も素敵。
そんな中ちょいと過激ダ...という内容もあったりして、目から鱗ポロポロもあったり。
読んでいてとても面白い!そんな槇村さんの新書です。

一番グッときたところはアンチエイジングって??という内容のところで、
目指すは仙人、仙女!!とおっしゃっていたところ!
仙女ってなんて素敵な響き...♪
こっそり、この日を境に私の最終目標は仙女。

最終的な目標(自分イメージ)が決まってから、良い事だらけ!
不思議と夢や目標を掲げやすくなり、努力出来るようになりました。
人生の最終形態のイメージが決まるだけで、こんなにも違うとは...
フワフワ感がなくなって、真っ直ぐ歩ける感じと言うとシックリくるでしょうか。嬉しい!

仙女マイトウ、乞うご期待。


【小説部門】

白夜行 幻夜 東野圭吾

うーん、手にするの遅すぎました??
すっかり小説を読まなくなっていたのですが、
新幹線移動時になんとなく読んでハマりました。
もともとガリクソンが好きだったので、家に何冊か作品があった事もあり、
2週間どっぷり東野ワールドに入り込み。
さっき数えたら読んだ東野作品20冊ありましたわ。

その中でも強烈だった作品がこの2作。
あまりにもインパクトがありすぎて、夢にも出てきましたよ。
ジョニーウォーカーさんぶりの怖いけど読みたいって作品でした。(ホラーじゃないけど)
東野さんの頭ん中を見てみたい!!と強く思いました。
銀座で飲んでみえるのか...会えないかなぁ〜

【其ノ三に続く】

書籍 comments(0) trackbacks(0)
頭に残った今年の本 2010 其ノ1

今年も残りあと僅か。
唐突ですが新年を迎えるにあたり、2010年を振り返ろうと思います。
 
自分の事を振り返る...のは照れ臭いので、2010年読んだ本について。

仕事を辞め、時間が出来、また色々なジャンルの本に目を向ける余裕が出来た今年。
今年は本当に色々なジャンルの本を読めたと思います。
ガリクソンから「どこへ向かっているのか全く分からない」と言われたこともありましたが。
読書に関してはとても楽しめた一年だったと思います。

多分、100冊近く読めたと思いますが、頭に残っている本は数冊だったり。
その中で心に残っていて、手元に残ってい本をチラリと紹介させて頂ければと...

早速スタート!


【健康部門】

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
これはかなり有名な本ですよねー
持病について書かれている&腸の改善を謳っている点が響いた!
食生活改善→腸内環境改善→健康・長生きって内容です。

なかなか普通の方だと、自分の腸を見る事無いと思います。
私は持病の関係で年に最低一回は内視鏡検査をするので、
自分の腸の現状を知るたびに、キレイにしたい...と思うんですよ。
ツルツルのピカピカ、ピンク色の腸になりたい。

見えないから鈍感になりがちですが、腸は体を司る大切な大切な器官です。
皆さん!年一回の内視鏡を!!!(あれ?なんか違う)

因みに私は実践出来るところはして、難しいところはすっ飛ばしています。
流石にコーヒーエネマは...難しい。

【続く】

書籍 comments(0) trackbacks(0)
「みちくさ」頼りに東京巡り
??.JPG 

10日の地元フレンドとの、東京デートに向けて購入。

私がPS読者を引退する直前に連載が始まった記憶が...
とても素敵だなぁと感じたコラムだったので、長期連載&本になるってのは納得いく話です。
今までのコラムが全て本になって欲しいものです。

まだまだ東京初心者。
涼しくなりましたし、色々探索していきたい今日この頃です。
書籍 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |