−神様プレイの愛すべき日々−
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
【お弁当】 2/14


バレンタインですね。
私も浮かれてお菓子作りに精を出しましたが、それはまた追い追い。

寝坊したのでサンドイッチ。
ローストビーフは手作りです。
真空調理とやらでジューシーな仕上がり。(炊飯器使用のやつ)
ただ火入れが弱かったのか、肉汁が若干出るんですよね。
よって肉汁が白肌パンに染みて、ランチ時には殺人サンドイッチに。

食べるのが私だけで良かった、良かった…
食べるのが私だけだから、失敗でも気にしない。
勿論、やや失敗ローストビーフは全て腹の中に収めますよ!

食(お弁当) comments(1) trackbacks(0)
【お弁当】ノーエコ弁、オムライス


携帯のアプリから投稿できるなんて、便利な世の中です。@会社のお手洗い

ごぶさたーん。

ちゃっかりウッカリ仕事を始め9カ月。
すっかり慣れ、酒好き派遣事務として楽しくやっております。

外食ランチを調子乗って続けていたら、破産しかけました。
よって、お弁当をチマチマ作ってます。節約です。

洗い物増やしたくない一心で使い捨て容器にオムライス。
ノーエコで、時代に逆行。
因みにいつもお弁当は10分くらいで完食。
早食いですし、トイレ掃除も好きですし、
いつ日本電産からオファーかかっても良いな。なんて思いながらのランチタイム。

取り敢えず、元気です。
食(お弁当) comments(2) trackbacks(0)
【お家ごはん】 常備菜に助けられた一週間
 

フルタイムで働き始めて2週間。
不思議なもんです。面倒くさがりのサボり魔な私ですが、
仕事を言い訳にしたくないワ!なんて思いが芽生えてしまいまして。
タケ氏へのお弁当作りをはじめ、家事との両立なんとか保っています。
まぁ至らぬところだらけの文句たれまくりなのですが。(ダメじゃん...)

そんな私をかなり助けてくれているのが上の常備菜さん達。
前回は若干作りすぎたので今回は少し抑えて作ってみました。
色合いが悪いのは冷蔵庫のありもので無理やりこさえた為です。嗚呼。

上から右へ

・蒸し赤ピーマン(味無し)
・茄子とピーマンの味噌炒め
・オランダこんにゃく
・切り干し大根の煮物
・新じゃがとたまねぎの煮物

赤ピーマンは粉チーズと和えたり、醤油+砂糖+鰹節で和えたり大活躍。
味噌炒めもそのままオカズに使うだけでなく、
お肉と韓国唐辛子をプラスしてボリューム出したりしてアレンジ。
いかに楽してバリエーションつけるかに注力。
もっと展開出来る常備菜を考えたいぜ。

時間が無いと逆に頑張ろうと思う性質のようで、
ここ数年なかった日々の輝きが生まれつつあって楽しいです。
私の唯一誇れる“良い人との巡り合わせ”も絶好調で幸せいっぱいですわー
労働って素晴らしいですね。出会いって素敵ですね。

ただ息切れて、放心状態にならぬようにはしたいところ。
あと日々に追われて目的を見失わないようにもしなければ...
ガス抜きは忘れず、ボチボチやってきたいと思っております。はい。
食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【お家ごはん】 常備菜生活ガッツリ始めました


私事で恐縮ですが、フルタイムで働き始めました。
パソコンカチカチしながらお茶出ししたりしてOL気取っちゃってます。
太って手持ちのオフィスカジュアルの7割に袖を通す事が出来ず悩んでます。
椅子に座るとスカートの上にお肉ちゃまが乗って苦しいの。うぅ...

さて...そんな訳で今まで以上に手薄になる家事。
少しでもマシな状態に保つべく、常備菜を休みの日に作る作戦に打って出る事に。
現在、週明け2日目ですがバビる程助かっております。

今までも思い出しては〜レベルで常備菜なるものを作ったりしていましたが、
うーん、こんなにも働く調理担当の助けになってくれるとは...
初めて常備菜の本当の意味を知れた、そんな気がする春の夜。

上から右へ...
小松菜とお揚げさんの含め煮
あっさり筑前煮
ひじきの炊いたん
切り干し大根と糸こんにゃくの明太和え
なんちゃってチリコンカン
新じゃがの甘味噌煮

写真にはありませんが、水菜と昆布の即席漬けとキノコと牛肉の時雨煮も作成。

朝のお弁当作りも夜のもう一品も楽チン楽チン♪
心なし時間を持て余していた頃より食卓の彩りが良くなったような。苦笑

来週もガッツリ作る予定。
もっと発展した内容にしていく事が目標です。
うぇ〜い、ハマりそうな予感だぜ!
食(家御飯) comments(0) trackbacks(0)
【東京ゴハン】 水道橋de天下一品芸人になってきました


多くの人に愛され、その中毒性に定評のある天下一品。
天一なぞと略されてテレビでも取り上げられる事しばしばです。
そんなに美味いのだろうか?と数年前から思いを馳せていたのですが、
先日とうとう天一への思いが爆発し、潜入してきましたよ。

私は冒頭通り食べた事無し。なんと麺キチのタケ氏は小学生ぶり。
因みにフランチャイズの為、その店舗によって味にバラツキ等あるそうです。
タケ氏が最後に食べた大阪京橋の天一は不思議な香辛料の味がして、
二度と食べたくないと思わせる味だったそうです。えー
うん十年の時を経てリベンジ&その中毒性=美味さへの期待に胸躍るー!

今回選んだ店舗は水道橋店。
タケ氏の仕事終わりに合流していく事になっていたので、
自宅と会社からのアクセスを考えてセレクトした店舗。
決めてからネットで情報収集したところ、東京の天下一品の中でも
美味さが上位だという嬉しい内容が出てくる出てくる!
まぁ、ステマ(←言いたいだけ)が横行している昨今ですから、
ネットの情報に振り回されるのは如何なものかと思いつつも、ホッとします。
少なくとも香辛料が効いてるラーメンが出てきてガッカリというシナリオは無さそう。

ベッキーに迎えられて入店。細長い作りの店内でした。
19:00過ぎに伺いましたが、席は8割ほど埋まっているような状況。
私以外は全員メンズというアウェー感に負けず、ガッツリ注文しました。






私:こってり+餃子5ヶ



タケ氏:スープセット+餃子5ヶ


結論から言いましょう。正直、中毒性なるものが分からなかった...
しかも驚く事にタケ氏まで「...」という感想を持ちよった!

鶏がらベースの野菜ポタージュスープは、確かにこってりだけれど、
とんこつ醤油(好み)の様な旨みのパンチが少なく、精神的満足感が少ない。
スープセットの明太子ご飯も手順を踏んで頂きましたが、味が濃すぎて辛い。
餃子は普通に美味しかったですが。

うーん、小さい頃から慣れ親しんでいたらまた話は違ったのでしょうか?
私はスガキヤ(名古屋発祥のラーメンチェーン店)をかなり美味しいと評価してますが、
タケ氏はアレのどこが美味いんや!?と言ってますし。(口論済み)

あとは我々夫婦の老化が大きいのかもしれません。
蟻月の一件からもその可能性は大いにありえるかと...
若いうちに出会っていたら、美味しくペロリと食べる事が出来て、
年取ってからも懐かしいのぉ〜なんて、また美味しく食べる事が出来たのかも。
もう少し早くに出会えたら良かったのに。



ごめんなさい、明日はないでござるよ。

どうでも良いですが、一人で来ていたオジサンがラーメンすすりながら、
週刊誌のエロいコーナー(内容キツめ)をガッツリ読んでいたのには笑いました。
オジサン、見出しがコチラに思いっ切り見えているよと言わなかったのは優しさ。
他にも強烈なキャラの人が来店しており、人間観察は楽しめるお店でした。
あと店員さんは皆さんチャキチャキしていて気持ち良かったですよー

最近、タケ氏と巡るお店は負け続きなので、次回こそは当てたりたいゼ!

食(外御飯) comments(0) trackbacks(0)
【東京ゴハン?】 お台場 たこ焼きミュージアム

      

休日向けのチラシにガシッと胸を鷲づかみされるの巻。
新聞折り込み広告で私、初めて知りましたわ...
お台場にたこ焼きミュージアムってのがあるという事を!!!
うぉぉぉ!!!これは行かなきゃいかんざき!!!(古すぎる)

ワタクシ、好物は何かと聞かれたら寿司とたこ焼きと答えています。
最近はたこ焼きが優位な勢いです。たこ焼きと寿司と言い換えるべきですね。
そんな訳で、ゆりかもめに揺れられてソッコー行ってやりました。

たこ焼きミュージアムの入っているDECKSには、女子なら誰でもトキメク
billsが入っておりまして、伺った当日もえらい行列でした。
でも私はそんなんには目もくれませんよ。無視、無視。
目指すは4階、たこ焼きミュージアム!!!

なかなかコチラも賑わっており、どの店舗も買うのに少し並びます。
我が家が今回食べたのは3店舗。
・くくる
・やまちゃん
・十八番

どれも大きな感動は無いものの、普通に美味しかった。
やまちゃんはタケ氏が学生時代に良く食べていた思い出の味らしいのですが、
「こんなんやったかなぁ〜」と、懐かしむまでには至らなかったよう。

なかなか食べ比べって出来ないので、そういう意味では面白いと思います。
各お店の違いをダイレクトに感じれたのは楽しかった!
たこ焼きをお腹いっぱい食べられたのは至福の一言。
しかし、もうワザワザ行く事は無いと思います。期待が大きかった分ちと残念。

どーでも良い話ですが、私が一番好きなたこ焼きは大阪のわなかさん。
調べたら立派なHPがあって、ビックリした!
大阪に行ったら必ず食べてます。タケ氏との思い出の味〜

続きを読む >>
食(外御飯) comments(0) trackbacks(0)
【東京ゴハン】 恵比寿 蟻月

今まで隠していましたが...ぶっちゃけ皆様にはどうでもいい話ですが。
私たちモツ鍋大好き夫婦です!(アメトーークのノリ)

タケ氏宅が名古屋にあった頃、家のそばに美味しいモツ鍋屋さんがあり、
冗談抜きで週1ペースで通って食べていました。
プリプリのコプチャンのみ、醤油ベースが我が家(タケ氏)の好みです。

東京に来てから美味しい店に巡り合わず、
気になる所は家から遠い&予約要の為すっかり食べなくなり...早2年。
もしかすると東京サヨナラになるかもしれないとの事で、
私が3年前に連れて行ってもらって感動した蟻月に行ってきました!
(東京研修の時に同期に予約してもらった)

もうね、予約電話繋がらなさすぎ。15:30から29回かけてやっと繋がりましたよ。
一番早く取れる土曜日で!と言ったら、2週間後の17:00スタートとなりました。
昔に比べると取りやすくなったと思いますが、いやー人気は健在ですね。



まずはお通し、生姜の甘酢漬け。
タケ氏はこういった酸っぱい系は一切ダメなので私が全食べ。
酸ぃいモノがダメとか食人生の半分損していると思うわーとか言いすぎ?




早く出るメニューの中から酢モツを。
モツのサクサクした触感にお酢と柚子胡椒爽やかさがベストマッチ!

食感が割とあるものもダメなタケ氏は、殆ど手を付けず...(酢入ってるしね)
量が結構あり、飲兵衛には必須おつまみでしょうねぇ。




これは絶品!明太子入り出汁巻き卵!!
フワッフワに焼かれた出汁巻きの中にトロ〜リ明太子たっぷり。
付属のマヨネーズも付けて、旨々コンボー!!

ここまで好みのものが何一つ食べられていないタケ氏。
鼻の穴を膨らませる喜びっぷり!細い目がめいいっぱい開いているよ!
そんな彼に出汁巻きの殆どあげた優しい嫁は私です。




何故か頼んだスタミナホルモン炒め。モツ鍋に入っているものと一緒。笑
モツが大きくジューシーで、鍋がかなり期待できるとタケ氏ご満悦。




そして、ドーン!!!
メインのモツ鍋、満を持して登場ー!!!!!赤のモツ鍋(醤油味)です。
因みに蟻月は4種類のモツ鍋が用意されていて、
白のモツ鍋(味噌)、金のモツ鍋(ポン酢)、銀のモツ鍋(牛テール)があります。

もうモツの大きさに度肝を抜かれながら、食べる食べる。
美味いー!!久々にヒットだね!と2人して大喜び。

名古屋のお気に入りのお店より美味しいんじゃない??と食べ進めるも...
3分の1を指しかかる頃、私の胃がズーンと重くなる。濃い...
さっきまで勢いよく箸を進めていたタケ氏も、なんだか動きがスローモーション。
濃い味ラヴァーの彼がダメージ受けているなんて...えぇ!?


なんとか最後まで食べ切るも、お互い得たのは満足感より疲労感。
あれぇ3年前はもっと美味しく食べられたのに...年取ったって事??
2度目は...もう良いね。と、以心伝心。お店を後にしました。

余談ですが、衣類への匂いが半端なかった!!!
もう、モツ鍋臭が染みついちゃってトンデモナイ事に。
良く考えたらお店は一軒家風で、換気が万全って感じじゃなかったカモ。
食べに行かれる方は、匂い対策考えて行かれると泣かずに済みますよ。

一口目は天にも昇る味。でも全部は重たい。
サイドメニューが絶品にも関わらず、
肝心のモツ鍋を最後まで美味しく食べれぬ悲しさ。

年を取るってやーねー

食(外御飯) comments(0) trackbacks(0)
【東京ゴハン】 銀座 VINORIO
 

美味しい店、美味しい店、美味しい店、見ぃ付けたぁ〜♪
(童謡:ちいさい秋にのせて)

銀座でイタリアン食べるなら、ココで決まり!な、お店行ってきました。
VINORIOさんでございー!松坂屋の近くにある郵便局側のビル6階です。
エレベーター開いたら、既にお店の中って驚く作りですがシャレオツです。
カウンターとテーブル席があり、今回はテーブル席。



東京の宝物の1人、元同期のASKさんと互いの誕生日を祝って乾杯!
まだこの日は2人とも迎えていなかったけど、良いんです。
ってか、彼女の誕生日は今日だったりする。



冷たい前菜:モッツァレラと生ハム・フルーツトマトのサラダ
(本当はもっと長い名前)

このモッツァレラ、なぁんとアノ吉田牧場のモノなんですよ、奥様!!
チーズ愛もなく、安物で十分満たされる私ですが、
そのご高名は以前から...とチーズ様にひれ伏します。ハハァッ...

食べてビックリ。まろやかミルクー!ジューシー!!
美味しいよ、美味しいよぉ!!と咽び泣き。
だってパルマ産の生ハムに、フルーツトマトを始め野菜...どれ取っても美味。
この瞬間にこのお店が美味しいのを悟ったよ、オレ。



温かい前菜:〇〇の腎臓のソテー(肝心なところ忘れた)

赤のボトルを頼んだので、それに合うものをと聞いてオススメしてもらいました。
今年は挑戦できませんでしたがジビエに興味深々の私。
ナラバきっとお気に召しますよ〜赤ワインにピッタリですよ〜と。
因みにオススメしてくれたお兄さんは正統派イケメンで語り口も優しくトキメキ。

ほどよいクセを残しつつも、全然臭くなーーーい!腎臓なのに!
トマトソースがよく合うこと!ワインごくごくいけちゃうよー!!

四谷に系列のジビエに強いお店(お店の方いわくマニア向け)があるそうで、
来年必ず行かねばと心に決めた前菜となりました。



パスタ:いのししラグー手打ちパッパルデッレ

こちらもジビエ繋がりでセレクトー
他にもからすみを使ったパスタとか、タケノコとホタテのパスタとか...
興味をそそるパスタのラインナップにクラクラしながら選びましたが、大正解!
激ウマでしたーもう文句無し。ずっと食べていたかった。



メイン:鴨胸肉のロースト バルサミコソース

ここに来るまでに色々な感動があった食事でしたが一番感動!
もうねぇ〜付け合わせの野菜の美味さは勿論、肉がうーまーいー!!
ロゼっぷりが堪らない見た目を全く裏切らなかったよ、この子は。
噛みしめるたびにジュワッジュワッと溢れ出る肉汁。

正直、この時点でお腹はパンパンだったのですが夢中になって食べちゃう始末。
思い出すだけで、うぅっ。恋しくなるぜぃ...



ドルチェ:チョコレートプリンとピスタチオのジェラート

もうお腹がとんでもないことになっていたにも関わらず、デザート食べてます。
チョコレートとオレンジが出会っちゃってますね、美味くない訳が無い。
ピスタチオのジェラートも悶絶の美味さで、感動ものでした。
ここに来たら、デザートは絶対食べなきゃ駄目だす。


そんなこんなで大大大満足だったディナー。
料理4皿、シャンパングラス1杯、赤ワインボトル1本、デザート、紅茶。
合わせて1人11,000円位でした。ゲフー!

お店の方曰く、女性ならば料理は3皿、お腹がすいていたら4皿でも...
との事だったのでグーグーガンモだった我々は4皿ガッツリでいきましたが、
上にも書きましたようにお腹パッツンパッツンになりました。
女性2名で行くならば3皿で良いと思います。

あと予約は19:00頃の入店を希望するならするべきかと。
私が行ったのは金曜の18:30予約でしたが、満員御礼でした。
21時過ぎならばカウンターが少し空いているように見えましたが果たして?

24:30〜はバータイムだそうで、色々な使い方の出来るお店だとも思いました。
良いお店に出会えてハッピーハッピーです。また行きたいなぁ〜
食(外御飯) comments(0) trackbacks(0)
【ネイル】 シンプルイズベスト


普通のフレンチにしようと思っていたら、また爪が割れが。
ですので補強も兼ねて斜めフレンチ 。シンプルイズベストです。
今回担当してくれた方が大阪出身との事で、妙な親近感。
敬語の裏に見え隠れする関西弁は何だか落ち着くなぁ〜と思った次第。
関西に限らず、お国言葉って良いものですよね。

ネイル comments(0) trackbacks(0)
【東京散歩】合羽橋〜浅草編 その2
その1より続き。

合羽橋から浅草は驚くほど近いです。
場所柄 納得のお寺と何故かすぐ傍にポツポツある連れ込み宿を眺めながら、
一見対極に位置する建物が混在する町並みに萌え萌え。嫌いじゃないね〜



初登場タケ氏。爺さんポーズの理由は腰痛という。
前を歩くお婆ちゃんとかぶってますよ、旦那。
ここを真っ直ぐ進めば浅草寺にあっという間に着いちゃいます。



ばーん、毎度お馴染みでーす!
現パナソニックの松下電工の名が眩しいです。



こちらもお馴染み仲見世通り。
平日の17時過ぎの到着でしたが、人は結構いっぱい。
お店の一部が閉店準備をしていましたが、まだ賑やか!
ここで何故か、弟(推定2歳)を後ろから蹴り続けるお姉ちゃん(推定4歳)に遭遇。
弟くんは何も起きていないかの様に、微動だにせずヨチヨチ歩いていました。
背後からの打撃は日常なのでしょうか?大変謎でした。



それはさておき...忘れちゃいけない食べ歩き。
モヤさまで見た、あづまさんのきび団子。勿論食しました。
甘さ控えめなのでパクパク食べられます!確か五本で300円くらい。



ライトアップが美しくて、夕方に行って得した気分でした♪



きちんとお参りして、お御籤引いてみて。
なんと凶が多い(らしい)浅草寺で、ビックリ大吉!!!
お財布に入れてご利益ゲット期待です。



その後、横道探索。花やしきが閉店済みだったのが残念。
ちょっとディープな匂いがし始めます。



嬉しかったのはネコ遭遇率が高かった事!
お店の中に居る女将さんに外からニャーニャーと鳴いて、甘えるにゃんこ。
それに気付いて「どしたの?○○ちゃん?」と話しかける女将さん。
危うく萌え死に掛けるかと思いましたよ...素敵すぎた。
写真のにゃんこは警戒系子猫ちゃんでしたが可愛かった...
次に浅草行く時はニボシを...と心にメモメモ。

ビールを道に流し捨て、飲み、流し捨て...を繰り返すおじさんが居たり、
常に辺りが加齢臭で香っていたりと、つい笑ってしまう夫婦。
ネタの宝庫ですね。丸の内と対照的な街だと言って良いでしょう。



途中で見付けたおいもやさん 興伸さんで大好きな大学芋を。
浅草で大学芋というと千葉屋さんが有名ですが、こちらも美味でしたよ♪

もう腰が限界...というタケ氏と、足が痛い...というマイトウ。
体力無し夫婦のヘ浅草巡りは終了。
観光は勿論、人間観察で楽しめた浅草でございました。
今度は天婦羅とか楽しめたら良いなぁ〜


【オマケ】



電気ブランで有名な神谷バー!!!!!!
帰り道に見かけたのですが、むちゃむちゃ行きたかったです。
本物はもっと渋くて、なんだか幻想的にすら見えましたよ。
カッコいいのぉー
探索(東京) comments(0) trackbacks(0)
| 1/13 | >>